BM CAPITALについて知りたい

BM CAPITALって実際どう?Twitter、2ch、ブログでの評判・口コミ徹底まとめ

※こちらの記事は、BMキャピタルのネット上での口コミに焦点を当てています。

BMキャピタルの利回りや投資方法など、全容をまとめたページはこちらをどうぞ。

BMキャピタルの評判・口コミ

情報化社会の今、投資を行うならネット上での口コミ・評判はチェックしておきたい所。

そこで今回、国内ファンドBM CAPITALのネット上での口コミ・評判を完全網羅してみました。

ツイッター(Twitter)

私募ファンド特有の情報公開の少なさから、ファンドに対して一種の「怪しさ」を感じる方も多いよう。

世の中には実際に投資詐欺なども存在している中、疑いの目を持って投資先を選定するのは悪いことではありません

とは言っても、BM CAPITALに関しては設立から7年が経過している中、投資者による問題指摘の書き込みは見つかりませんでした。

もし同社が詐欺行為や満足のいかないパフォーマンスを出していたとしたら、この7年間にたくさんの不評が出回っているずですよね。

一出資者としても、他の大多数の投資者が不満を持っているということは考えづらいです。

5年間の出資期間を通しても怪しい点などは特に感じていませんし、逆に、個人的には運用パフォーマンスの安定感やカスタマーサポートの手厚さに関してはむしろ満足している状態です。

しかし、これは一個人の主観的な感想に過ぎませんので、疑問点に関しては面談の場でしっかり質問をし、ファンドの信頼性を担保できる情報(オフィスの住所、担当者の連絡先)は出来るだけ多く集めておくと安心でしょう。

実体験から語る!BM CAPITALへの問い合わせ~面談の様子、出資までの流れ BMキャピタルへの出資ステップ 私募ファンドであるBM CAPITALでは、投資希望者のファンドへの適合性を確認する意味合いも...

さらに、BM CAPITALの投資スキームに関する口コミ・評判も多く見受けられます。

BM CAPITALの投資スキームは、合同会社の社員権を保有するタイプ。合同会社でいう社員とは、株式会社で言う「株主」に近いものがあります。

合同会社

合同会社が資金調達を目的に社員権を募集する行為は、金融商品取引業の登録(株式や債券などの販売時に必要な登録)無しで行うことが可能です(金融商品取引法2条8項7号参照)。

参照:電子政府の総合窓口 e-Gov 金融商品取引法

金融商品取引業の登録には、

  • 登録条件をクリアするための体裁(人材の追加を含む)を整える為に、莫大なコストが必要となる
  • 投資者の募集人数や、投資対象、手法に制限が出てくる

などのため、結果的にファンドの運用成績にしわ寄せがきてしまう可能性が考えられます。

登録がないと言うと何だか無条件で不安になりますが、先述したとおり法律的にも全く問題はないですし、登録自体は不要とは言っても、BM CAPITALは実際には過去金融庁のヒアリング調査にも協力をしているとのこと。

また投資ニーズの多様化により、自由度の高い運用スキームを利用したファンドは増えていますので、今後一般化していきそうな感じは否めません。

また、ツイッター上の口コミ・評判を見ていると、実際に同ファンドへの投資を検討している方の書き込みも多く見受けられました。

ここ近年ヘッジファンドの門戸が一気に広がり、退職金や遺産などのまとまった資産の個人運用方法先としても、検討されるようになっているよう。

ヘッジファンドは投資手法の流出を防ぐ観点から内部情報の公開には慎重な立場を示しており、投資した後の運用成績などのその後の話に関してはSNS上での情報収集には限りがあります。

ネット上に上がっている情報以上の情報を得たい言う方は、直接問い合わせをしてファンドの担当者に聞いてみると良いでしょう。

投資関連の比較サイト

一部金融商品や、投資ファンドの比較を行っているサイトでも、BM CAPITALに関する書き込みは複数確認することができます。

投資ファンドの比較を行っているサイト
投資ファンドの比較を行っているサイト
引用:投信・ファンド口コミサイト

比較サイト上の口コミ・評判を見ると、代表の方の人柄のについての書き込みが目立ちます。BM CAPITALの代表は森山武利(たけとし)氏で金融業界で20年以上活躍されてきたベテラン。

BM CAPITALの社長は森山氏!ファンドの代表やオフィスの住所など、会社概要徹底まとめBM CAPITALの社長は森山氏!ファンドの代表、オフィスの住所など会社概要徹底まとめ BM CAPITAL(ビーエム・キャピタ...

運用パフォーマンスと、代表の方の人柄の良さには大きな相関性というものはないですが、投資には絶対という言葉はありません

最終的にはファンド側の人間を信じて託すという面もあるので、こちらは悪い情報ではないですね。

主観ではありますが、筆者も実際にお会いした経験があり、腰が低く温和な方だなという印象を受けました。

また、同社の運用手法に関する口コミ・評判に関しても納得です。

市場にて企業本来の価値より株価が低い状態で放置されている株式を購入し、企業価値が適正に評価され株価が上がるのを待つ「バリュー株投資」。

人脈や投資の知識量の差がありますので、ファンドマネージャーと同等のバリューを生み出すのは厳しいですが、バリュー株投資自体は個人でも取組める投資手法。

金融のプロでなくても理解できる投資方法で運用される点は安心です。

低リスク?BM CAPITALの投資手法と注意点まとめ BM CAPITAL(BMキャピタル)の投資手法とは? BM CAPITALは国内株式に投資を行う、国内ヘッジファンド。 ...

5ch(旧2ch)

1名無しさん@お金いっぱい。2020/05/11(月) 10:06:09.91ID:w6akCBKD0
ヘッジファンドのBM CAPITAL投資している人いますか?どうですか?
引用:5ch(旧2ch)

5ch(旧2ch)にも、BM CAPITALに関して言及した投稿を確認することが出来ました。

しかし、スレッド内で継続して議論をされているものはなく、投資情報の収集に関しては5ch(旧2ch)は活用しにくいと言えますね。

Yahoo知恵袋/教えてGoo

どなたか、BMキャピタルという、ヘッジファンドをご存知な方いらっしゃいますか
引用:Yahoo知恵袋

Q&AサイトにおけるBM CAPITALの口コミ。ベストアンサーに関しては、運用成績などが公表されておらず怪しいという書き込みでした。

ヘッジファンドの場合は、ファンド独自の運用手法で利益を狙いに行きます。

もし情報を広く公開して、独自の手法を他ファンドに真似されてしまったらどうでしょう。運用が計画通りにいかない可能性が出てきてしまいます

他の分野でも同じこと。「儲かる起業アイディア」などと調べても、具体的な答えを簡単に教えてくれるサイトなんてないですよね。

この不便さに関しても、ファンドのパフォーマンスを守る為のものとなりますし、銘柄発掘のための調査費用は投資者から得た手数料が元手だということを考えると、部外者が真似できてしまう状態は投資者として良くないです。

しかし、情報流出を防ぐためとは言え、ファンドの運用成績に関しては知らずに投資をすることはできません。面談の場では運用成績に関して、資料で開示を受けることが可能です。

投資ブログ

多くはないですが、実際にBM CAPITAL(ビーエム・キャピタル) へ投資を行っている方のブログやウェブサイトも存在します。

1、元証券ウーマンが徹底比較!目標利回り別1000万円おすすめ資産運用ランキング

元証券ウーマンが徹底比較!目標利回り別1000万円おすすめ資産運用ランキング

主婦投資ブロガーのはるさんのブログ。はるさんは、大手証券の営業部員としてご活躍、現在は金融ライターとして各メディアで活躍されている方とのこと。

現在ポートフォリオの50%程と大部分をBM CAPITALで占めているとのことで、ブログ内では同社に関しては多くは語られていませんが、同社に投資することになった理由などについて自己紹介ページで語られています。

2、投資信託初心者の為のおすすめランキング

投資信託初心者の為のおすすめランキング

井上さんという方が運用されている、投資信託初心者の為のおすすめランキング。メインは投資信託の紹介となりますが、管理人の井上さんご自身はBM CAPITALにも投資を行っているよう

井上さんの過去の経歴などは存じ上げませんが、金融に対し詳しいようで、同ファンドに対しても何度もヒアリングを行い、その対話内容もサイトで詳しく綴ってくださっています。

口コミ・評判は参考までに

BM CAPITALは個人向けファンドの先駆けの位置づけであり、他ファンドと比べて口コミ・評判に関しては抜群に集めやすいと言えますね。

しかし、万人向けの投資というのは存在しないので、最終的にはご自身で実際にファンドの担当者から情報を集めることになります。

BM CAPITALに関しては、ネット社会である現代、ここまで目立ったマイナスの評判や書き込みがないというのは珍しく、投資者としても嬉しい気持ちになりました。

同ファンドに興味のある方は、一度ファンド問い合わせをして担当者に直接気になることを聞いてみることが一番です。

ネット上で同社の気になる口コミ・評判を見つけた方は、実際のところを面談の場で直接尋ねてみても良いでしょう。

ABOUT ME
藤田 良
アメリカで大学を卒業後、現地日系メーカーでマーケティングに従事。大学時代の友人や会社の同僚との交流を通じて、アメリカ社会では若い頃から投資意識が根付いていることを知り投資に興味を持ち始める。30歳で日本に帰国後、FXや投資信託などで投資を始め、35歳でヘッジファンドに出会い、その魅力にはまる。現在はヘッジファンドBM CAPITALを中心に約2000万円を運用中です!