BM CAPITALについて知りたい

国内ヘッジファンドBM CAPITALの投資に関わる税金とは?

何%の税金がかかる?

BM CAPITAL(BMキャピタル)しかり、投資で得た利益には一定の税金がかかります。 基本的にその税率は20.315%

BM CAPITALでは、投資で得た利益とその他の所得(給料所得など)を合算させた総額で税率が決まる「総合課税」を採用。

総合課税

その税率は、以下の通り。

総所得額税率
0円~195万円5%
195万円~330万円10%
330万円~695万円20%
695万円~900万円23%
900万円~1,800万円33%
1,800万円~4,000万円40%
4,000万円超え45%

参照:所得税の税率

投資者目線で、「総合課税」であるBM CAPITALの税金の仕組みを簡潔に説明すると以下の通りとなります。

  1. BM CAPITAL側から配当益(利益)の払い戻しを受ける際に、源泉徴収として20.315%が引かれた状態で支払われる。
  2. 配当益と、別の収入(給料所得など)の合算に応じて税率が上記の表の通り変わってくる。
  3. その税率が20.315%以上の税率となれば、その分を上乗せして税金を支払うことになる。

ちなみに、税金に関しては「確定分」になりますので、ファンドの解約、出金をして利益が手元に来る時のみ課税されます。

そう考えると、ファンドの運用自体に問題があるとき以外は頻繁に解約せず、資産はファンド内で回し続けると税金面でも効率的と言えるでしょう。

一部投資信託などはファンドの購入時に発生する「購入手数料」目当てに、ファンドの乗り換えを頻繁に勧めることがあります。

安易なファンドの解約、再契約は逆に資産の目減りに繋がる可能性もあり要注意です。

確定申告をしよう

先述したとおり、総合課税のヘッジファンドの場合、他所得との合算で税率が変わるため確定申告が必要です。

確定申告書は、国税庁の窓口や、国税庁ホームページからもダウンロードできます。申告書類は郵送も可能、かつe-Tax を利用すればインターネット上での申請もできますよ。

上手に利用することで、納税の手間が省けます。

ヘッジファンドの担当者・税理士に相談

総合課税であるBM CAPITALへの投資に関しては、基本的には税率は20.315%ですが、他所得の状況によって税率に増減が発生する可能性がある点は注意しておけると良いでしょう。

しかし、税金に関しては、法人か個人か、また個人の所得など投資者の属性により、ベストな対応方法が異なってきます。BM CAPITALへの投資を行う際には、担当者に税金との付き合い方も確認したいところです。

出資額が高額になる場合は、税金の専門家の税理士に相談することで、税金面に関して最適なアドバイスを受けられるでしょう。

実体験から語る!BM CAPITALへの問い合わせ~面談の様子、出資までの流れ BMキャピタルへの出資ステップ 私募ファンドであるBM CAPITALでは、投資希望者のファンドへの適合性を確認する意味合いも...
ABOUT ME
藤田 良
アメリカで大学を卒業後、現地日系メーカーでマーケティングに従事。大学時代の友人や会社の同僚との交流を通じて、アメリカ社会では若い頃から投資意識が根付いていることを知り投資に興味を持ち始める。30歳で日本に帰国後、FXや投資信託などで投資を始め、35歳でヘッジファンドに出会い、その魅力にはまる。現在はヘッジファンドBM CAPITALを中心に約2000万円を運用中です!