VSファンド比較

ヘッジファンドダイレクトとは?口コミ・評判、業務停止命令の真相

メディアでの積極的な露出で、日本で高い知名度を誇っているヘッジファンドダイレクト。

ヘッジファンドダイレクトに投資すれば、日本にいながらにして世界の優良ヘッジファンドに投資可能。

かつ、わかりやすい説明を日本語で受けられるとのことでヘッジファンドに関心のある投資初心者の関心を集めています。

そこで今回は、投資助言会社であるヘッジファンドダイレクトを通したヘッジファンド投資と、仲介なしに直接投資ができるBMキャピタルへの投資を比較しながら解説していきます。

ヘッジファンドダイレクトとは?

ヘッジファンドダイレクト

ヘッジファンドダイレクトとは、国内投資助言会社です。

投資助言会社というのは、株の価値等などを分析し顧客に投資判断に関する情報を提供する会社のこと。

ヘッジファンドダイレクトのスキーム

ヘッジファンドダイレクトでは、特にヘッジファンドの投資助言に特化しており、取り扱いのある複数のヘッジファンドの中から投資者にあったファンドを紹介してもらえます。

社名 ヘッジファンドダイレクト株式会社
オフィス 東京都千代田区大手町1-5-1大手町ファーストスクエア ウエストタワー 18F
代表 高岡 壮一郎
設立 2008年
投資助言契約額累計 928.7億円
出資者数 約2000名

ヘッジファンドダイレクトの名前を知らずとも、代表の高岡 壮一郎氏の名前は知っているという方も多いでしょう。

高岡 壮一郎氏は、東京大学を卒業後三井物産にて海外の投資審査やM&Aに従事。

その後、あゆみトラストグループというフィンテック事業を展開する会社設立後、ヘッジファンドダイレクト株式会社の代表取締役社長に就任しています。

国内外で投資事業に関わってきた重鎮ということで、日本経済新聞などの雑誌や金融サイトでの執筆に加え、書籍の出版などもされており、現在はSocial Good Foundationという仮想通貨システム会社の代表としてもご活躍です。

直接投資可!BMキャピタルは?

BMキャピタルは東京大学を卒業後、外資系投資銀行バークレイズ証券にて活躍したファンドマネージャーが運用を担当する国内ヘッジファンド。

BMキャピタルはファンドの運用会社ですので、ファンドを紹介する会社ではありません。

BMキャピタル

ヘッジファンドダイレクトのような仲介会社を経由せず、ファンド側の人間と直接話をして契約、投資を行う形となります。

助言料会社を挟まない為、投資コスト面だけを見るのであればお得に投資ができますよ。

取り扱いファンドの投資手法、運用成績

そんなヘッジファンドダイレクトを利用すれば国内外の複数優良ファンドにアクセスすることが可能。

(一例)ヘッジファンドA
平均年利回り 運用年数 設定来
17.7% 13年10カ月 +849.5%
ヘッジファンドA

(一例)ヘッジファンドB
平均年利回り 運用年数 設定来
10.7% 21年3カ月 +774.9%
ヘッジファンドA

サイト内で紹介されている3ファンドの利回りは5~17%とかなりばらつきがあります。

ファンドにより、期待できるリターンと許容リスクは異なりますので担当者とともにご自身の経済状態や投資ポリシーに合ったファンドを選ぶことになります。

直接投資可!BMキャピタルは?

重ねてですが、BMキャピタルに関してはファンドの運用会社ですので他ファンドの紹介を受けることはできません。

ご自身でBMキャピタルを含めた複数ファンドの面談に参加・比較し、ご自身で投資先ファンドを決める形になります。

同社を通しては一つのファンドにしかアプローチできない点はマイナスポイントではありますが、ご自身で別途複数ファンドに連絡~面談を行い比較検討すれば大きなデメリットには感じないでしょう。

気になる口コミ・評判をチェック

以下、ネット上で確認できるヘッジファンドダイレクトの評判・口コミをまとめてみました。

ファンドの利用前に、既存の投資者から実体験を聞くのは有意義なこと。可能な方はツイッターなどで既存の投資者と繋がり、話を聞いてみても良いでしょう。

また、高岡 壮一郎氏執筆の書籍を読み、勉強になったという書き込みもありました。

高岡 壮一郎氏執筆の書籍
引用:ヘッジファンドダイレクト

ヘッジファンドについて日本語で綴られた書籍はそう多くないので、これから特にヘッジファンドダイレクトの利用をお考えの方は是非一読しておきたいですね。

業務停止命令の真相

ヘッジファンドダイレクトに関する情報集めをしていると、「いつかはゆかし」「アブラハム・プライベートバンク」「業務停止命令」という言葉が目につきます。

いつかはゆかしというのは、ヘッジファンドダイレクト社が運用する他事業であり、こちらは完全会員制の投資支援サービスのことを指します。

この、いつかはゆかしが前身となる「アブラハム・プライベートバンク」時代に以下のような理由で2013年10月に金融庁から行政処分を受けています。

無登録販売 :金融商品販売業者の登録をせず、海外の運用会社から事実上の販売手数料を受け取ってファンド販売
誤認を与える広告:実際に投資助言していない金融商品の平均利回りを他の商品と比較し、自社サービスの優位性を示す
利益供与:1人の顧客に助言料約940万円を免除

引用:日本経済新聞 アブラハム業務停止へ 金融庁検討、監視委が勧告

業務停止命令と聞くと耳聞こえは悪いですが、マネックス証券や楽天証券なども同様に行政処分を受け、改善が認められた後に営業を続けています。

同社に関しても、金融庁からの指摘後に業務改善が完了されており、以下公式サイト上で内容を確認することが可能。

参照リンク:いつかはゆかし アブラハム・プライベートバンクの業務停止処分(2013年10月)に関する業務改善の完了について

投資助言という微秒な立ち位置で超えてはいけない線を超えてしまった点は評価できませんが、実際ファンドの運用成績は悪くなく、イメージの悪化があったにも関わらず顧客離れも少なかったよう。

名前が変わった後も、現在まで運営継続されています。

藤田(ふじ)メモ

過去のことでありますし、業務改善済の話です。

今になって掘り返すのは良くないですが、大切な資産の預け先として検討する上で知ってはおきたい事実です。

直接投資可!BMキャピタルは?

BMキャピタルに関しても国内で高い知名度を誇るファンドということもあり、ネット上で多くの投資者ブログや書き込みを確認することができます。

プライベートファンドという点で、運用成績などの情報はネット上での公開が制限されているのが事実。

基本的には実際の面談の場で、運用者や過去の運用実績など投資判断に必要な情報を把握する形となります。

ファンドの投資~解約方法

ヘッジファンドダイレクトの投資助言を受けたい方は、公式サイト上の問い合わせフォームや電話にて資料請求、または個別面談の予約を行います。

連絡をする前に、ヘッジファンドダイレクトにはヘッジファンド関連情報のコンテンツが山程ありますので、まずはそちら全てに目を通し、紹介されたファンドの良し悪しを判断できるだけの知識はつけておきたいところです。

直接投資可!BMキャピタルは?

BMキャピタルに関しても、公式サイト上の問い合わせフォームにて個別面談の予約を行います。

重ねてですが、直接投資が可能なBMキャピタルの場合は直接ファンド側の担当者と話ができます。

ファンドの運用会社と直接話ができる機会は貴重ですので、ヘッジファンド投資に関して気になることは遠慮なく質問できると良いでしょう。

手数料はいくら?

投資助言を利用する際に気になるのが、手数料。

まず、ファンドの紹介を受けるためには、以下のようにヘッジファンドダイレクトに支払う手数料が発生します。

助言費用 運用額の3%(初年度)
評価額の0.9%(2年目~)
解約費用 評価額の3%(初年度)
評価額の2%(1~2年目)
評価額の1%(2年~3年)
無し(3年以上)

長期で投資すればするほど、解約費用は抑えることができます。

1年以内に解約をすると3%、1000万円投資した場合解約に30万円がかかってしまいますので、ご自身のライフプランを見据え最低3年間は使う予定のないお金を投資したいですね。

また、ヘッジファンドダイレクトは投資「助言」だけ行う会社ですので、紹介されたファンドを購入する場合は実際に運用を行うファンド会社へ以下の通り手数料を支払う必要があります。

運用費用 運用額の2%/年
成功報酬 運用益の20~40%程

さらに、購入するヘッジファンドにより海外送金費用など別途費用が発生する場合があります。

藤田(ふじ)メモ

1000万円を利回り10%で運用できた場合…

利益:100万円

助言費用:30万円
解約費用:33万円
運用費用:20万円
成功報酬(20%で計算):20万円
手数料合計:103万円

1年で解約をすると、運用成績によっては手数料負けしてしまう可能性があります。

過去の運用成績などと合わせ、しっかりシミュレーションしてから投資判断を下したいですね。

対して、BMキャピタルは

BMキャピタルに関しては、ファンドの販売~運用までを一社で行うので手数料体系も大変にシンプル。

成功報酬 運用益に対し30%~50%程
管理報酬 運用額に対し年間で5%前後

販売会社への手数料手数料支払いがない分、無駄なコストを抑えて運用できるのは直接投資ならではです。

税金面をチェック

ヘッジファンドダイレクトは「投資助言」とは言っても、投資すべきファンドを助言するだけでなく、全般的にファンドとのやり取りや手続きなどのサポートも行ってくれます。

税金面に関しても、法人か個人かでも額は変わってきますので、面談時に税金面に関してもしっかり尋ねておけると良いですよ。

海外ファンドへ投資するなら一度面談を検討してみては

さて、ここまでヘッジファンドダイレクトについて一挙まとめてまいりました。

ここまでの内容を踏まえ、ヘッジファンドダイレクトでの投資に向いている、または不向きな方は以下の通り。

こんな人におすすめ

・自身で複数のヘッジファンドと面談し、いちいち比較するのは面倒だ
・英語は苦手だが、海外ファンドに投資したい

こんな人には不向き

・手間ひまをかけても、投資コストは最小限に留めたい
・既に投資したいファンドはリストアップできている

手数料を支払っても投資のプロの力を借り、ヘッジファンド投資にかける労力は最小限に留めたいという方にはヘッジファンドダイレクトを経由した投資がおすすめです。

反対に、筆者のように自分でファンド側の人間と直接話したい方、手間はかかってもコストを抑えて自分でファンド選び~投資を行いたいという方は助言会社を通さないのも一案。

今回比較してきたBMキャピタルのようなファンドに直接アプローチすることを考えても良いでしょう。

ファンドとの面談も実際投資の勉強になりますし、自分の資産を運用している側の人間と話ができるのは安心感がありますよ。

トップページへ戻る

ABOUT ME
藤田 良
アメリカで大学を卒業後、現地日系メーカーでマーケティングに従事。大学時代の友人や会社の同僚との交流を通じて、アメリカ社会では若い頃から投資意識が根付いていることを知り投資に興味を持ち始める。30歳で日本に帰国後、FXや投資信託などで投資を始め、35歳でヘッジファンドに出会い、その魅力にはまる。現在はヘッジファンドBM CAPITALを中心に約2000万円を運用中です!