ヘッジファンドって何?

ヘッジファンドで1000万円運用するとどうなる?メリットや推奨しない業者・注意点を解説

「ヘッジファンドで1000万円運用するとどうなる?」
「ヘッジファンドの安全性が心配…」
「1000万円を利回り10%以上で運用したい」

大切な資産1000万円を運用するときは、安定して10%以上のリターンを出しているヘッジファンド」がおすすめです。

この記事では、ヘッジファンドで1000万円運用するメリット・デメリットや怪しい業者の見分け方を解説します。

また、おすすめのヘッジファンドをランキング形式で紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

※今すぐ1000万円運用におすすめのヘッジファンドが知りたい方は、「日本国内のヘッジファンドランキングを解説」をクリックしてください!

目次

ヘッジファンドで1000万円運用するメリット5選

ヘッジファンドは最低投資金額が1000万円と高額であるにもかかわらず、投資家からとても人気を集めています。

ここでは、ヘッジファンドで1000万円運用するメリットを5つ解説します。

メリット①10%以上の高いリターンが狙える

BMキャピタル 平均利回り(出典:BMキャピタル

ヘッジファンドは、長期投資すると10%〜20%の高いリターンが狙えます。

投資信託の場合、株価指数に連動するインデックスファンドに投資すれば3〜7%の平均リターンが期待できますが、ヘッジファンドであれば投資信託を上回るリターンを狙える点がメリットです。

たとえば、日本の大手ヘッジファンド「BMキャピタル」は平均利回り年10%以上の安定したパフォーマンスを実現しています。

ヘッジファンドは1000万円以上の余剰資金があり、投資信託よりも高い利回りを狙いたい人におすすめです。

メリット②下げ相場でも利益が期待できる

ヘッジファンドはいかなる局面でも「絶対収益」を目指しているので、下げ相場でも利益が期待できます。

株価指数に連動するインデックスファンドに投資した場合、市場が冷え込めば一時的に大損するリスクがあります。

一方で、ヘッジファンドは資産運用のプロがあらゆる投資手法を駆使して、不況局面でも収益化を目指す点が大きな特徴です。

BMキャピタルのように、10年以上の投資実績がありマイナスの年が1度もないヘッジファンドを選べば安心といえるでしょう。

下げ相場でも利益を生み出せるように資産運用することで、ヘッジファンドは投資信託よりも高い利回りを実現しています。

メリット③投資戦略の規制が緩い

ヘッジファンドは投資信託と比べて規制がゆるいため、さまざまな戦略を取りながら利益の最大化を目指しています。

投資信託の場合、目論見書にしたがって決められたルールの中で資産運用するため透明性が高い点がメリットです。

一方で、タイミングによっては戦略を変えたほうがいい場合であっても、変更できないため機会損失するリスクがあります。

投資戦略の規制がゆるいヘッジファンドは、さまざまな戦略を駆使してタイミングによって最善の選択をできるため、投資信託よりも高いリターンが見込める点が魅力です。

メリット④分散投資でリスクを抑えられる

ヘッジファンドに投資すれば、資産運用のプロであるファンドマネージャーが銘柄を選定して分散投資してくれます。

個別銘柄の場合、業績次第で株価が暴落するリスクがありますが、ヘッジファンドであれば幅広い有望銘柄に分散投資されているので、構成銘柄の1つが暴落したとしても影響を受けにくい点がメリットです。

ヘッジファンドは、投資の知識があっても忙しくて銘柄の選定や管理ができない投資家や1000万円以上の投資資金があるものの、資産運用の経験が少ない初心者にとって有効な投資手段といえるでしょう。

メリット⑤プロに任せられるので手間がかからない

ヘッジファンドは、投資家に代わってプロのファンドマネージャーが資産運用するので、銘柄の選定売買の管理などを行う必要がありません。

特に投資初心者の場合は、保有銘柄が暴落すると焦って狼狽売りをするなど誤った判断をしがちです。

資産運用のプロに任せておけば、適切な判断をしてくれるので、値動きに一喜一憂する必要がありません。

ヘッジファンドは1000万円以上の投資資金があるものの、資産運用にかかる手間が面倒で投資を諦めていた人におすすめです。

※今すぐ1000万円運用におすすめのヘッジファンドが知りたい方は、「日本国内のヘッジファンドランキングを解説」をクリックしてください!

ヘッジファンドで1000万円運用するデメリット3選

ここでは、ヘッジファンドのデメリットを3つ解説します。

デメリット①最低投資額が1000万円以上

日本のヘッジファンドは最低投資額が1000万円以上に設定されているので、資金不足により始められない可能性があります。

まだ、1000万円以上の余剰資金がない場合は、新NISAなどの非課税制度を利用して資産を貯めた上でヘッジファンドを始めましょう。

新NISAで購入できる投資信託のインデックスファンド投資に慣れておくことで、抵抗なくヘッジファンド投資にステップアップできます。

デメリット②運用状況が開示されていない

ヘッジファンドは運用状況の開示義務がないため、インターネット上の情報が少ない点がデメリットです。

ライバルに運用方法の詳細を知られてしまうリスクを避けるため、ヘッジファンドの多くは戦略を非公開にしています。

ヘッジファンドを始めるにはファンドマネージャーとの面談が必要ですので、面談時に戦略についてよく聞いておきましょう。

面談や資料請求を行なっても、運用状況を開示しないヘッジファンドは信用面で不安があるので避けるのが無難です。

デメリット③破綻によって大損する可能性がある

ヘッジファンドは投資のプロが資産運用を行いますが、必ずしも高いリターンが得られるわけではありません。

リスクとリターンは表裏一体なので、高い利回りを求める分、高いリスクも抱えていることを理解しておきましょう。

絶対に破綻しないと言い切れるヘッジファンドは存在しませんが、過去の実績や運用方針をもとに安全性の高いヘッジファンドを選びましょう。

迷った際は、設立以来10年以上1度もマイナスになった年がないBMキャピタルがおすすめです。

※今すぐ1000万円運用におすすめのヘッジファンドが知りたい方は、「日本国内のヘッジファンドランキングを解説」をクリックしてください!

ヘッジファンドで失敗しないための注意点

ヘッジファンドは景気が悪い時でも「絶対収益」を目指す投資商品です。しかし、実態は年によってマイナスになっているヘッジファンドも珍しくありません。

そこで、ヘッジファンドで失敗しないための注意点について徹底解説します。

1000万円運用の注意点①余剰資金で投資する

ヘッジファンドは余剰資金の範囲内で投資するように心がけましょう。

投資信託と異なり、ヘッジファンドは「ロックアップ」という換金できない期間があります。

ヘッジファンドを解約する場合は、決算日の45日前までに投資先のファンドへ通知しなければなりません。

このことから資金を動かせないロックアップ期間のことを「45日ルール」と呼ばれています。

最低投資額である1000万円を貯めてすぐに全額つぎ込んでしまうと、いざという時にお金が引き出せず、生活に支障をきたす恐れがあります。

1000万円の投資資金とは別に、生活防衛資金を確保した上でヘッジファンド投資を始めましょう。

1000万円運用の注意点②面談で運用方針を確認する

ヘッジファンドはインターネット上に運用方針を公開していないケースが多いため、面談で今後の戦略や投資商品について確認しておきましょう。

ヘッジファンドによっては、すぐに契約させようと強引な勧誘を行う悪質な業者も存在します。

不安を煽ってくるような業者は詐欺の可能性があるので、注意が必要です。

BMキャピタルなど、実績のあるヘッジファンドは無理な勧誘を行いません。

1000万円運用の注意点③信頼できるヘッジファンドを選ぶ

ヘッジファンドは最低投資額が1000万円以上の高額投資です。

安心して1000万円以上の資産運用を任せられるヘッジファンドを見極める必要があります。

以下のような特徴を持つ日本のヘッジファンドは詐欺の可能性が高いので、投資しないようにしましょう。

  • 最低投資額が500万円以下
  • 元本保証を謳っている
  • 20%以上の高利回りを謳っている
  • 毎月配当金がある

上記のような特徴は「ポンジスキーム」と呼ばれる投資家の資金を持ち逃げする詐欺業者によく見受けられます。

たとえば、詐欺の疑いで訴訟を起こされたエクシア合同会社は、100万円から出資でき30〜40%の高利回りを謳っていました。

ヘッジファンドの常識から逸脱した勧誘を行う業者に投資すると、投資額すべてを失うリスクがあるので注意しましょう。

次の章では、投資初心者におすすめできる信頼性が高いヘッジファンドをご紹介します。

1000万円から運用できる日本国内のヘッジファンドランキング

ここでは日本国内のおすすめヘッジファンドをランキング形式で紹介します。

初心者でも理解できるよう徹底解説しているので、ぜひ参考にしてください。

すぐ知りたい人向け!日本のヘッジファンド
順位 1位 2位 3位 4位
会社名
BMキャピタル
ハイクアインターナショナル
アクション
GFマネジメント
設立
2013年
2023年
2023年
2023年
年平均利回り
10~20%
12%
過去平均31%
※ファンドマネージャーの運用成績(設立前)
過去平均29%
※ファンドマネージャーの運用成績(設立前)
ロックアップ期間
3ヵ月
なし
1年
1年~1年11か月
投資対象
日本株式
ベトナム企業
日本株など
日本大型株
投資手法
バリュー株
・アクティビスト戦略
事業融資
・バリュー株
・アクティビスト戦略
・大型グロース株
最低出資額
1000万円
500万円
1000万円
1000万円
特徴
・設立11年目の老舗ファンド
・年平均リターン10%以上
・堅実で安定した運用が初心者にもおすすめ
・ベトナムで活躍する日系企業への融資で利益を出す
・年利12%を3ヶ月毎に3%ずつ受け取れる
・手堅くリターンを得られる
・トレイダーズインベストメント元代表取締役が設立
・過去4年でマイナスの年ゼロ
・役員や会社の透明性抜群
・設立1年目の新進気鋭ファンド
・利回り平均29%の敏腕マネージャーが運用
・中長期運用で資産を大きく増やしたい人向け

1位:BMキャピタル

BMキャピタル(出典:BMキャピタル

運用会社 ビーエムキャピタル合同会社
代表者 森山武利
本社所在地 東京都港区六本木7-18-1
運用開始 2013年
平均利回り 年10〜20%
最低投資額 1000万円
運用手法 日本バリュー株投資
公式サイト BMキャピタル

BMキャピタルは10年の歴史を持つ日本の老舗ヘッジファンドです。

ファンドマネージャーの森山氏は東京大学を卒業後、英国のバークレイズ証券で投資の腕を磨いたのちにBMキャピタルを設立しました。

BMキャピタルは設立以来10年間で1度も運用成績がマイナスになった年がなく、平均利回り10〜20%を達成している安定感抜群のヘッジファンドです。

運用歴が長く、実績も申し分ないことから、BMキャピタルが日本で一番おすすめのヘッジファンドといえます。

BMキャピタル
公式サイトはこちら

BMキャピタル・ヘッジファンド完全ガイド!口コミ・評判、利回り、最低出資額など投資者藤田が分かりやすく解説

2位:ハイクアインターナショナル

本のおすすめヘッジファンドランキング2位「ハイクアインターナショナル」の公式サイト画像
運用会社 ハイクアインターナショナル合同会社
代表社員 梁秀徹
本社所在地 〒581-0016
大阪府八尾市八尾木北1-44
運用歴 1年
利回り 年間12%(固定)
最低投資額 500万円
運用手法 SAKUKO VIETNAMへの事業融資
公式サイト ハイクアインターナショナル

2位は、親会社に融資することで利益を生み出す「ハイクアインターナショナル(以下、ハイクア社)」で、最低投資額は500万円からと1000万円以下からの投資可能です。

融資先は2011年に大阪からベトナムに進出、13年で日本製品の専門店を42店舗、飲食店を11店舗、ホテルを3店舗を展開するまでに成長したSAKUKO VIETNAM(以下、S AKUKO)。

ハイクア社は株や債券などで出資金を運用するのではなく、調達した資金を親会社であるSAKUKOに融資。SAKUKOはその資金を元に事業を拡大し、ハイクア社に貸付利息を支払います。

日本のおすすめヘッジファンドランキング2位「ハイクアインターナショナル」の公式サイト画像

投資家は年利12%の配当を3カ月に1回、3%ずつ受け取ることができます。ちなみにこの配当を再投資に回せば、6年で約2倍に増やすことが可能です。

金融商品と違い、利回りが約束されているところが安心材料ですね。元本棄損の不安を排除したい人にはうってつけです。

ハイクア社への投資の魅力は事業融資の利息により、手堅くリターンを得られるところ。相場が激しく動く金融商品への投資と比較して安定しているため、投資初心者にこそおすすめです。

「12%の利息が欲しい」「元本割れの心配なく安定的に資産を運用したい」という方は、まずは公式サイトから無料で問い合わせてみてはいかがでしょうか。

ハイクアインターナショナル
公式サイトはこちら

合同会社ハイクア・インターナショナルってどう?特徴や成績、注意点を解説

3位:アクション

ヘッジファンド日本ランキング3位「アクション」
運用会社 アクション合同会社
代表者 古橋弘光
本社所在地 〒105-0001
東京都港区虎ノ門5丁目13−1 虎ノ門40MTビル 7階
運用歴 1年
平均利回り 過去4年平均31%
最低投資額 1,000万円
運用手法 ・アクティビスト投資
・バリュー株投資
主な投資先 日本株
公式サイト アクション

日本のヘッジファンドランキング第3位は、アクション合同会社です。

アクションはトレイダーズインベストメント株式会社の元代表取締役である古橋弘光氏が手がけるファンドです。

ファンドの特徴
  • アクティビスト投資が得意
  • 過去4年間マイナス年ゼロ
  • 年間利回り平均31%の運用成績
  • 戦略を確立し満を辞してファンド設立
  • 会社や運用状況の透明性が高い

上記の通り、アクションはアクティビスト投資を得意とするヘッジファンド。

アクティビスト投資とは、経営に影響力を持てる分の株式を取得し、経営陣に働きかけることで株価を高める投資戦略です。

株を買って待つのではなく、直接アプローチできるため、投資の成功確度も高まります。

このような背景もあり、アクションは過去4年間でマイナスを出さずに年間平均31%の利回りを実現しています。

さらに会社やファンドマネージャーの透明性が高いことからも、投資初心者におすすめです。

アクションでは無料の面談(オンライン可)で担当者から詳しい情報を聞くことができますので、公式サイトから問い合わせてみてください。

アクション
公式サイトはこちら

4位:GFマネジメント

GFマネジメント(出典:GFマネジメント

運用会社 GF Management合同会社
代表者 田尻光太朗
本社所在地 東京都千代田区麹町4丁目5-20
運用開始 2023年
平均利回り 年平均29%
※ファンドマネージャーの運用成績
最低投資額 1000万円
運用手法 大型日本株への投資
公式サイト GFマネジメント

GFマネジメントは、大きなリターンを狙いたい人におすすめのヘッジファンドです。

ファンドマネージャーは輝かしい経歴の持ち主で、英国の難関大学ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで修士号を取得。

UBS証券、モルガン・スタンレー証券などの大手証券会社を経たのちに、GFマネジメントのファンドマネージャーに就任しました。

2023年から運用が始まったばかりの新しいファンドですが、ファンドマネージャー自体は年間平均利回り29%・過去5年間の成長率は277%という驚異的な実績を残しています。

安定性を重視したい人はBMキャピタル、多少リスクを取りつつも高いリターンを目指したい人はGFマネジメントに投資するとよいでしょう。

GFマネジメント公式サイト
はこちら

1000万円運用に推奨しないヘッジファンドの特徴

ヘッジファンドは投資信託と比べて規制がゆるいため、詐欺まがいの業者も混在しているので注意が必要です。

ここでは、1000万円運用に推奨しないヘッジファンド業者の特徴について徹底解説します。

推奨しないファンド①運用実績が安定していない

運用実績が安定していないファンドに投資してしまうと大損する可能性があります。

-50%の年もあれば+50%の年もあるようなファンドへの投資はギャンブルに近いのでおすすめしません。

投資初心者は、BMキャピタルのような安定した利回りが期待できるヘッジファンドを選びましょう。

推奨しないファンド②友人紹介で特典がもらえる

友人紹介のシステムがあるヘッジファンドは詐欺の可能性があるので、投資しないようにしましょう。

友人紹介制度を採用しているヘッジファンドは、いわゆる「ねずみ講」の可能性が高く、多くの投資家から資金を集めた後、持ち逃げするリスクがあります。

BMキャピタルのような信用性が高いヘッジファンドは、友人紹介による集客は行なっていません。

推奨しないファンド③申込み時に面談がない

ヘッジファンドの申し込み時には基本的に面談を実施します。

面談がないヘッジファンドは信用面で不安があるので、おすすめしません。

ヘッジファンドはHP上に運用方針の詳細を公開する義務がないので、面談せずに実態のわからない投資対象に投資するのはリスクが高すぎます。

最低投資額が1000万円の高額投資なので、面談時に疑問点を解消しておきましょう。

ヘッジファンドで1000万円運用する際のよくある質問

最後にヘッジファンドに関するよくある質問をまとめました。

わかりやすく解説しているので、疑問点をなくした上で投資を始めましょう。

ヘッジファンドで1000万円運用するといくら利益がでますか?

ヘッジファンドで1000万円運用した場合、平均10〜20%の利回りが期待できます。

たとえば、1000万円を利回り10%で運用した場合、1年間で100万円、5年間で約600万円の利益が出ます。

毎年安定して利益を出したい人には、平均利回り年10%以上を達成しているBMキャピタルがおすすめです。

ヘッジファンドと投資信託の違いは?

ヘッジファンドと投資信託を比較すると以下の違いがあります。

ヘッジファンド 投資信託
対象投資家 富裕層・機関投資家 個人投資家
募集形式 私募 公募
最低投資金額 1000万円 100円
投資対象 先物や信用取引、オプションなど 株や債券など
収益目標 絶対収益 相対収益

ヘッジファンドは投資信託と比較されることが多いですが、運用方針が大きく異なります

ヘッジファンドは、不況時でもあらゆる投資戦略を駆使して「絶対収益」を目指しているため、投資信託よりも高い利回りが見込めます。

ヘッジファンドはどのような人が投資していますか?

ヘッジファンドは、投資初心者や退職金や相続金などの臨時収入によって1000万円以上の資産を手に入れた人が投資しています。

職業や年収はあまり関係ないので、1000万円以上の余剰資金がある場合はヘッジファンドへの投資を検討しましょう。

【まとめ】1000万円を資産運用するならヘッジファンドがおすすめ!

1000万円以上の余剰資金がある場合は、ヘッジファンドへの投資がおすすめです。

ヘッジファンドは、いかなる局面でも「絶対収益」を達成することを使命としており、10%前後の平均利回りが期待できます。

ただし、ヘッジファンドの中には詐欺業者も潜んでいるので注意しましょう。

ヘッジファンドの見極めが困難な投資初心者には、創業以来10年連続で損失を出さずに平均利回り10%以上を達成しているBMキャピタルをおすすめします。

BMキャピタル
公式サイトはこちら

ABOUT ME
藤田 良
アメリカの大学卒業後、現地日系メーカーでマーケティングに従事。30歳で日本に帰国後、FXや投資信託などで投資を始め35歳でヘッジファンドに出会い、その魅力にはまる。現在はヘッジファンドBM CAPITALを中心に約2000万円を運用中。他管理サイト⇒・ヘッジファンド情報を語っているnote『ふじ』・投信信託について綴っているブログ『ふじのインデックス投信ブログ』《所属団体》両国投資研究会//▶藤田良のプロフィール詳細はこちら