BM CAPITALについて知りたい

低リスク?BM CAPITALの投資手法と注意点まとめ

BM CAPITAL(BMキャピタル)の投資手法とは?

BM CAPITALは国内株式に投資を行う、国内ヘッジファンド。

公式ホームページでも紹介されているように、同社の運用成績は、

  • 運用成績がマイナスの年ゼロ
  • 平均年間利回りが10%以上

と、リスク管理がしっかりしている上に高利回りであるという点は、資産運用の理想形とも言えます。

低リスク?BM CAPITALの投資手法と注意点まとめ BM CAPITAL(BMキャピタル)の投資手法とは? BM CAPITALは国内株式に投資を行う、国内ヘッジファンド。 ...

特に、個人で投資を行う方にとっては、投資のプロ集団であるBM CAPITAL(BMキャピタル)がいかにして低リスク運用を実現できているのか。とても気になるところですよね。

そんなBM CAPITALのリスクヘッジ(回避)の軸は以下2点。

  • バリュー株投資
  • アクティビスト

その中でも主軸となるのがバリュー株投資です。

バリュー株(割安株)投資

BM CAPITAL(ビーエム・キャピタル)の主な投資手法は、バリュー株(割安株)投資。

バリュー株投資とは

バリュー株投資とは、企業価値に対し割安な株価で放置されている株式を仕込み、企業価値に対して正当な株価に戻った(=値上がりした)段階で、売却し利益を獲得する投資方法。

バリュー株投資に関しては、株式投資で世界第3位の億万長者となったウォーレン・バフェット氏の投資手法としても有名ですね。

ウォーレン・バフェット氏がオーナーを務める投資会社バークシャー・ハサウェイは、良質なバリュー株への投資で約50年間で株価は18300倍上昇しています。

バフェット

同期間のアメリカ株の平均株価S&P500の上昇率が112倍であったことを考慮すると、桁外れの上昇であったことがわかります

BM CAPITALのメンバーは、東大・京大を卒業後、外資系投資銀行という金融の最前線で経験を積んだ超一流の金融マンです。

そんな投資の専門家達が膨大な時間を費やし、バリュー株(割安株)を丁寧な調査・分析により発掘します。

金融業界や法曹など様々な業界への人脈を活かし、決算書などの数字面だけでなく、業界や実際に企業へ足を運んで得らえる「現場の声」までも投資判断の材料とすることで、投資の確実性を高めることを実現しています。

そんなBMキャピタルがメインの投資手法として採用している「バリュー株投資」のメリットは、以下の通り。

バリュー株投資のメリット・デメリット

バリュー株投資のメリットは、まず第一に「市場の値動き」に影響されない運用が出来ることです。

2020年初頭、コロナウイルスの影響もあり日経平均はなんと2ヶ月で約29%の下落。市場の上がり相場を利用して利益を狙う投資信託などは、軒並み大きなマイナスを出してしまう状況に。

国内公募追加型株式投資信託5754本のうち、騰落率がマイナスのファンドは5472本となり、全体の9割以上が値下がりした

引用:日本経済新聞 コロナショックの投信への影響は(投信ランキング)

そんな中、企業の純資産に裏付けされた銘柄へ投資を行うBM CAPITALは、市場の値動きの影響を最小限に食い止めプラスで推移しました。

【BM CAPITALの投資事例2】日本割安株へのバリュー株投資で収益率+51%達成 BMキャピタルの投資手法:バリュー株投資 BM CAPITAL(BMキャピタル)の主な投資先は、日本バリュー株(割安株)。 ...

市場の値上がりを当てにする運用を行わないBM CAPITALの手法は、資産価値が市場の状況に影響を受けにくく、今回のコロナショックのような突発的な下落相場における資産保護にその強みを発揮します

またバリュー株投資の場合は、投資者の注目がまだ集まっていない「原石」のような銘柄を「底値」で購入することに意味があります。

そのため購入時点では資金流入も少なく、かつ底値での購入となるため値下がりのリスクが低いのです。

また、BM CAPITAL(ビーエム・キャピタル)の厳選する投資先はキャッシュリッチで業績良好な企業です。

急なイベントなどで日の目を浴びた際には、急激な資金流入時のインパクトは大きく、一気に価格の急騰を見せる可能性も含みます

【BM CAPITALの投資事例1】日経平均-21.5%のコロナショックでもプラス圏で推移 コロナショックがファンドに与えた影響 リーマンショック以上の経済ダメージと言われている、2020年初頭のコロナショック。 ...

そんなバリュー株投資にもデメリットはあります。

先述の通り、底値で放置されている銘柄に関しては、言い換えれば「人気のない銘柄」。

上質なバリュー株を選べてたとしても、その銘柄に注目が集まり、実際に値上がりをして利益を出せるまでには時間がかかる可能性もあります

そこで登場するのが、以下アクティビスト戦略です。

アクティビスト

アクティビスト戦略では、株式を一定以上保有し、投資先企業への影響力を十分に高めた上で、企業へ「企業価値向上」のための積極的な提言を行います。

最近では、米国アクティビストファンドである、バリューアクト・キャピタル・マネジメントが任天堂株を約2%(約1200億円)保有したとの発表がありました。

同ファンドは任天堂の知的財産の素晴らしさについて述べ、投資先のさらなる成長に一役買いたいという立場を示しています。

参照:Bloomberg 物言う株主米バリューアクト、任天堂株を1200億円保有

アクティビストファンドに関しては、企業を乗っ取るというマイナスイメージを抱かれがちですが、出資を通して投資先企業をのさらなる飛躍に貢献するという一面も持ち合わせています。

波乱の市場の今、机上の数字を分析するだけでなく、投資先の内部から企業価値の向上を図っていけるというのは、資産を守るという観点からも大変に魅力的。

また、コロナショックで厳しい状況が続いている中、企業を応援するという点でも意味があることです。

BM CAPITALとの面談の際には、バリュー株投資の成功例や、アクティビストファンドとしての過去の実績なども合わせて質問出来ると良いですね。

ヘッジファンドならではのダイナミックな投資話は、大いに耳に入れる価値がありますよ。

投資のリスク

投資に対するポリシーとして「損失を出さないこと」を信条に掲げるBM CAPITAL。

現在まで安定した成績を誇っていますが、とはいえ投資にリスクはつきもの。

最後に、BM CAPITALへの投資に関わるリスクをまとめました。

1、国内株投資のリスク

BM CAPITALの投資先は国内株。分散投資の兼ね合いから、高齢化が進む低成長日本の株式にまとまった資産を入れておくというは、リスクだとも考えられます。

しかし、BM CAPITALの場合キャッシュリッチで基礎体力のある企業への投資を行っている為、大きく国内景気に影響される可能性は低いと言えるでしょう。

外国株投資に伴う為替リスクや、外国企業によく見られる内部留保の少なさからくる倒産リスクの高さなどと天秤にかけ、必要に応じて海外株ファンドとの並行運用を考えても良いと思います。

2、流動性のリスク

ヘッジファンドに関しては「ロックアップ期間」といい、運用を開始してから解約可能になるまでに一定期間が定められています。期間はファンドによって異なり、多くのヘッジファンドでは半年から1年程の期間で設定。

気になるのがBM CAPITALのロックアップ期間ですが、同社の場合はヘッジファンドにしては珍しく3ヶ月という短期で設定されています。

手数料

とは言っても、3ヶ月間の間はまとまったお金がロックされてしまうことになるため、出費が発生する短期的なライフイベントなどは十分考慮し出資額を決めたいところです

3、ファンド解散のリスク

経済環境の変化などによりファンドの運用が困難になった場合、ファンドが解散してしまうことも考えられます。場合よっては、ファンドの解散により投資額がそのまま消失してしまうことも。

実際ファンドへの投資を行う際の面談では、過去の運用成績や実際の投資内容、さらに今後の投資戦略など過去と未来の両方面から出資を判断する。

また出資後も、運用報告書はしっかり読み込み、随時運用状況をウォッチ出来ると良いでしょう。

BM CAPITAL(ビーエム・キャピタル)に関しては、リスク管理に注力しているファンドだけあり、過去のリスク回避事例などを聞くだけでも、とても勉強になります。興味のある方は、話だけでも直接聞いてみると良いでしょう。

ABOUT ME
藤田 良
アメリカで大学を卒業後、現地日系メーカーでマーケティングに従事。大学時代の友人や会社の同僚との交流を通じて、アメリカ社会では若い頃から投資意識が根付いていることを知り投資に興味を持ち始める。30歳で日本に帰国後、FXや投資信託などで投資を始め、35歳でヘッジファンドに出会い、その魅力にはまる。現在はヘッジファンドBM CAPITALを中心に約2000万円を運用中です!